デイトレPCトップ > 8画面PCの接続・初期設定

8画面PCの接続・初期設定

はじめに

デイトレーダーのパソコン屋さん「そら」に ご訪問、ご利用頂きありがとうございます。

メーカー製のパソコンと違い、BTOパソコン(デイトレPC)には説明書がございません。
そのため、HPでデイトレPCの配線方法や初期設定の仕方を説明させて頂いております。

OS、マザーボードのドライバ、ビデオカードのドライバ、DVDドライブのドライバは
インストールをしてお送りしています。

キーボード、マウス、モニターのドライバは自動でインストールされます。

モニターアームを組み立てる

下記の説明書、またはyoutubeを確認しながら、アームの組立を行います。

オールテック2画面用モニターアーム(説明書・PDF)
https://daytrade-pc.net/wp-content/themes/standard_black_cmspro/img/04b669ff2741f4c0755b480198c4c750.pdf


スタンド式モニターアーム TS012(youtube)

1.デイトレPC8画面とディスプレイの接続の仕方


デイトレPC8画面の接続方法をご説明いたします。

まずはパソコン背面の接続端子を確認します。
「①DVI端子」
「②HDMI端子」
「③Display Port」
「④DVI端子」
「⑤HDMI端子」
「⑥Display Port」
「⑦HDMI端子」
「⑧DVI端子」

①から⑧の8つの端子で8台のモニターに接続を行います。





*背面の接続端子が異なる場合(ビデオカードをQuadro P620にカスタマイズされた方)は、
下記のURLもあわせてご確認ください。

Quadro P600とディスプレイの接続方法


次に接続ケーブルの確認をします。
1.モニター付属のHDMIケーブル3本

2.サービスで同梱しておりますHDMI-DVIケーブル(3M) 3本
4
3.サービスで同梱しておりますDisplayPort-HDMIケーブル(3M) 2本


3.
まずはモニター付属のHDMIケーブル
を使ってパソコンとモニターとの接続をします。






パソコン側 「②HDMI端子」 に モニターケーブルを差込みます。


モニター側も、HDMI端子に差し込みます。



⑤HDMI端子、⑦HDMI端子も同じ手順で接続をします。

これでモニター3台の接続が完了しました。




次に、サービスで同梱しておりますHDMI-DVIケーブル(3M)を使ってモニター4台目の接続を行います。




以下画像の①DVI端子(パソコン側)をご確認ください。



HDMI-DVIケーブルのをDVI端子をパソコン側の 「①DVI端子」に 接続し、 反対側をモニターのHDMI端子に接続を行います。






「④DVI端子」「⑧DVI端子」も同じ手順で接続をします。
これで6台のモニターの接続が完了しました。


次に、サービスで同梱しておりますDisplayPort-HDMIケーブル(3M)を使ってモニター7台目、8台目の接続を行います。



以下画像の③DisplayPort、⑥DisplayPort(パソコン側)をご確認ください。



DisplayPort-HDMIケーブルのをDisplayPortをパソコン側の 「③DisplayPort」に 接続し、 反対側をモニターのHDMI端子に接続を行います。

「⑥DisplayPort」も同じ手順で接続をします。
これで8台のモニターの接続が完了しました。



次はモニターの電源を入れます。

モニターの電源ボタンは、モニター側面、またはモニター前面にあります。

iiyama製モニターの場合・・・モニターの前面
BENQ製モニターの場合・・・モニターの側面

同梱しているパソコンの電源ケーブルを、パソコン本体に差込みます。
16

-を押して電源をオンにします。
17

モニターの電源ケーブル、パソコンの電源ケーブルをOAタップ(コンセント)に差し込み、
パソコンの電源ボタンを押します。





画面が表示されない場合

以下のURL(PDF)を参考に対処をお願いします。
https://daytrade-pc.net/wp-content/themes/standard_black_cmspro/img/041c33f0c4caccbaa2c37949f314feae.pdf


2.初期設定の仕方


【初期設定代行パックを選択された方は設定不要です】
変更せず次へをクリックします。






「承諾する」をクリックします。



「簡単詳細設定を使う」をクリックします。



パソコンのユーザー名を入力します。
例)そら
例)daytradepc

パスワードは任意です。必要に応じて設定をお願いします。




必要がない場合は「後で設定する」をクリックします。



ようこそ の文字が表示されます。


しばらく待つと、


ウィンドウズの画面が起動します。


3.画面の設定


ウィンドウズが立ち上がった後に、画面の設定をします。

①デスクトップの何もないところで、右クリック
②ディスプレイ設定をクリック

d1.


③検出をクリック
*モニターを4台接続した場合、モニターの画像が4つ表示されているかご確認下さい。
もし表示されていない場合は、モニターとパソコンの接続が出来ているかどうかご確認下さい。

d2.


④識別をクリック
d3.


⑤以下の画像のようにすべてのモニターに3秒ほど数字が表示されますので、モニターの番号を把握してください。
d4.


⑥ディスプレイの並べ替えを行います。初期状態では、下図の通り一列に横に並んでいます。
モニターの絵をドラッグして並べ替えます。

d5.

モニターの絵の並び替えは、下記youtubeをご確認ください。



⑧「適用」をクリックすれば画面の設定は終了です。
d6.




メインディスプレイを設定する


4.
11

4.セキュリティソフトをインストールする


【初期設定代行パックを選択された方は、インストール済みです】

同梱されている説明書をもとに、セキュリティソフトのインストールをお願いします。

ご不明な場合はキャノンITソリューション までお問い合わせ下さい。
050-5559-0035


4-1 インターネットバンキングの保護を解除する

セキュリティが強化されておりますが、
一部の証券会社のソフトが起動しないなど不具合が報告されています。

以下は、『インターネットバンキングの保護』解除の手順です。

eset.

5.officeのライセンス認証をする

以下のPDFを参考に認証をお願いします。
Officeプロダクトキー入力までの手順

6.必要なソフトをインストールする

【初期設定代行パックを選択された方は設定不要です】

アドビリーダー・・・PDFファイルを表示するために必要です。
http://get.adobe.com/jp/reader

複数のセキュリティソフトをインストールをすると、不具合が生じる可能性があります。 お持ちのセキュリティソフトを使う場合は、「McAfee Security Scan Plus をインストール」 のチェックを外して下さい。
soft

java・・・株のチャートなどを表示するために必要です。
http://java.com/ja/download

7.windows updateをする


【初期設定代行パックを選択された方は設定不要です】
ウィンドウズを最新の状態に更新します。

『スタートボタン』をクリックし、『設定』をクリック
update1.


『更新とセキュリティ』をクリック
update2.


『Windows Update』をクリック
update3.


『今すぐインストール』をクリック
update4.


『今すぐ再起動する』をクリックし、パソコンを再起動すれば、windows updateが完了です。

8.音声を出すには




9.便利な設定

ちょっとした工夫でパソコンが使いやすくなる設定の紹介です。
詳細はこちらをクリック パソコンの便利な設定

マウスとキーボードは1台で操作が可能です。


チャートの出し方(kabuステーション)