デイトレPCトップ > 4,6画面出力ビデオカード

4,6画面出力ビデオカード

デイトレにおすすめのビデオカード

730.

 

ファン付ビデオカードを採用している店もありますが、
当店ではファンレスのビデオカードを採用しております。

 

ファン付ビデオカードの場合、ファンが故障したときは けっこうな騒音になります。
ファンだけ交換することは出来ませんので、ビデオカードごと交換する必要があります。


ファンレスビデオカードのメリットは、
当たり前ですが『ファンがないので静か』なところです。

ビデオカードの熱をファンではなく、ヒートシンクで冷やします。

またファンがないので、ファン付ビデオカードのように
『ビデオカードのファンがうるさくなってきたので交換しないといけない・・・』

このようなことがないのが、ファンレスビデオカードのメリットです。



ご質問・・・解像度はどれくらいまで対応していますか?
回答・・・デジタル端子で2560×1600 まで、アナログ端子で2048×1536まで対応しています。


4画面対応パソコンの出力端子 


4画面対応パソコンは、3画面用ビデオカードを1枚搭載し、 3台のモニターに接続が可能です。
オンボード(マザーボードについている端子)を1出力 使い、合計4台のモニターに接続が可能です。
730.
端子は左から「mini-hdmi端子」「DVI-D端子」「DVI-I端子」です。

mini-hdmi端子・・・hdmi、デジタル(DVI)に変換可能
DVI-D端子・・・アナログに変換不可
DVI-I端子・・・アナログに変換可能


minihdmi2.
mini-hdmi端子に対応していないモニターのために、変換ケーブルをサービスしております。
(上記画像)

dvi.
モニターがHDMI端子に対応していない場合は、サービスで同梱している
「HDMIからDVIに変換するコネクタ」を お使い下さい。(上記画像)

デイトレPC 4画面の接続・初期設定



【D-SUB端子のみのモニターをお使いの方へ】
注意点・・・4台のモニターのうち2台アナログ端子(D-SUB)で接続が出来ます。
2台以上アナログ(D-SUB)での接続をご希望の方は別モデルをご案内させて頂きます。
お気軽にお問い合わせ下さい。



6画面対応パソコンの出力端子 


6画面対応パソコンは、2画面用ビデオカードを2枚搭載し、4台のモニターに接続が可能です。
オンボード(マザーボードについている端子)を2出力 使い、合計6台のモニターに接続が可能です。



610.
左の水色の端子が「D-SUB端子(アナログ)」、中央の小さい端子が「HDMI端子」、右の白い端子が「DVI-I端子」です。 3つの端子のうち2つの端子まで接続が可能です。

デイトレPC 6画面の接続・初期設定


【D-SUB端子のみのモニターをお使いの方へ】
注意点・・・6台のモニターのうち5台アナログ端子(D-SUB)接続が出来ます。
すべてアナログ(D-SUB)での接続をご希望の方は別モデルをご案内させて頂きます。
お気軽にお問い合わせ下さい。


8画面対応パソコンの出力端子 


8画面対応パソコンは、4画面用ビデオカードを2枚搭載し、 8台のモニターに接続が可能です。



端子は左から「HDMI端子」「HDMI端子」「HDMI端子」です。
下段はDVI端子を使いモニターに接続をします。

デイトレPC 8画面の接続・初期設定


【D-SUB端子のみのモニターをお使いの方へ】
注意点・・・8台のモニターのうち1台アナログ端子(D-SUB)で接続が出来ます。
すべてアナログ(D-SUB)での接続をご希望の方は別モデルをご案内させて頂きます。
お気軽にお問い合わせ下さい。


デイトレに適したCPU

デイトレPCは何画面から始めたらいいか?


間違いのないトレード環境を作る8つのポイント

◇特典◇トレードをサポート!スターターセットをプレゼント


footer7a