デイトレPCトップ > 標準モデル/静音モデル/静音・高耐久モデルの違い

標準モデル/静音モデル/静音・高耐久モデルの違い

a.

標準モデルの特徴

快適にパソコンが動く最低限のスペック。
静音仕様にはなっておりませんので、ファンの音を気にされない方に
おすすめです。


静音モデルの特徴

CPUファン、ケースファン、PCケースが静音仕様になっているため、
静かな環境でデイトレをすることが出来ます。

パソコンの音に悩まされた方、静かな環境でデイトレをされたい方に
おすすめです。

静音・高耐久モデルの特徴

電源、マザーボード、ハードディスクをワンランク上の故障しにくい商品を採用
することで故障しにくい構成になっております。

なるべく故障で修理に出したくないという方におすすめです。
*故障率は低くなっておりますが、故障する確率が0というわけではございません。



《マザーボード》(静音・高耐久モデルに採用)
『静音・高耐久モデル』のマザーボードは、熱を持つコンデンサ周りが強化されています。
またメーカーから168時間耐久テスト後に出荷されていますので安心です。

《ハードディスク 》(静音・高耐久モデルに採用)
24時間×7日稼動という厳しい条件で耐久性テストをしている WesternDigital WD10EFRXを採用。
平均故障間隔は標準のデスクトップ向け製品と比べて35%向上。


《PCケース》(静音モデル、静音・高耐久モデルに採用)
静音仕様になっていますし、
デザインもよく、かっこいいですね。

6画面PC

おすすめのデイトレ環境

デイトレPC設置例・お客様の声



4screens 6screens 8screens

footer7a

デイトレPC4画面

デイトレPC6画面

デイトレPC8画面

メルマガ

デイトレPC 設置例

デイトレPC 見学会

営業日カレンダー